実が落ちる前に

自作小説を公開するブログです。暇なとき、読んでいただけたらうれしいです。小説は作品ごとにカテゴリー分けしています。日記や雑文はその他カテゴリーです。

新人賞応募、原稿を送るのはレターパックライト?クリックポスト?

ここ3、4年……4、5年?は忙しくて小説を書く余裕がなく、新人賞にも送っていないのですが、新人賞に応募していた頃は、レターパックライトで送っていました。追跡機能があるし、定型外郵便よりも安いので。で、久しぶりに小説を書きつつ、ふと思ったこと……今だったら、どの方法で送るのがいいのだろう。気になったので、ちょっと調べてみました。

 

私は鉄道はJR、電話はNTT、テレビはNHKが安心という人なので、原稿を送るときも郵便局に持って行きたい!ということで、候補になるのは、

定型外郵便

レターパックライト

・クリックポスト

 

長編小説の場合(ワープロ30字×40字)で大体100枚~200枚。江戸川乱歩賞では、応募要項が、「ワープロ30字×40行115枚~185枚(四百字詰め原稿用紙350~550枚)」にプラスして表紙や梗概(3枚程度)、氏名などを添付します。

目安ですが、A4用紙は1枚4~5g、100枚の厚みが1cm弱です。200枚の原稿を送る場合、重さは1000g(1kg)、厚みは2cmですね。今、私の手元にある原稿は126枚をはかってみたところ、600g弱(紐の重さも入れて)、1.3cmでした。紙の束って意外と重いんですね。

 

上記の候補の制限や条件を見てみると、

定型外郵便

定形郵便物・定形外郵便物の料金 - 日本郵便

250g以内250円

500g以内400円

1kg以内600円

レターパックライト

レターパックライト詳細 - 日本郵便

専用封筒(340mm×248mm×3cm)一律360円

4kg以内

追跡機能あり

・クリックポスト

クリックポスト - 日本郵便

340mm×250mm×3cm以内

164円

1kg以内

追跡機能あり

ネット決済(クレジットカード、Yahoo!ID必要)

プリンター必要

 

まず、定型外郵便はナシですね。料金が高いし(200枚の原稿を送る場合、600円)追跡機能なしではちゃんと届いたのか分かりません。「箸にも棒にも」で落ちたときに、「もしや郵便事故では?」という望みを持ってしまいます(;´・ω・)

となるとやっぱり、レターパックライトかクリックポストか。ポイントになるのが重さ制限ですね。クリックポストの方が料金は安い(半額以下)ですが、1kgまでという制限はなかなか微妙なところです。紐で原稿用紙を綴じるのであれば200枚でも1kg以内におさまりそうですが、ダブルクリップで綴じたり、データをCDに入れて添付なんてときには1kg以内を超えてしまうかも……

 

ということで、レターパックライトとクリックポストの使い分けは重さがポイント!原稿用紙が200枚以上になるときは、重さをはかってから、どちらで送るか決めるのがよいですね。料金的には、それに専用封筒を買いに行く手間を考えるとクリックポストで送りたいけど、重さ制限に引っかかって返ってきたら最悪なので、原稿を送るときには郵便局の厚さと重さチェックを絶対にパスできる方法で送るのがよいと思います。150枚程度ならクリックポストで大丈夫です。

 

私は原稿用紙をクリックポストで送ったことはないのですが、他の用事でちょくちょくクリックポストを利用しています。これまで利用してきたうえで分かったことや注意点は、

・厚さは3.5cmくらいまでなら大丈夫そう

・重さも少々超過するのはパスできそう(厚さ、重さともに超過したことがあったのですが、大丈夫でした)

・印刷のにじみやかすれは要注意(特にバーコード部分)

・印刷したラベルは液体のりでしっかり貼り付けること

 

私が今度、送るときはクリックポストかなと思いました。