実が落ちる前に

自作小説を公開するブログです。暇なとき、読んでいただけたらうれしいです。小説は作品ごとにカテゴリー分けしています。日記や雑文はその他カテゴリーです。

火葬された遺骨でDNA鑑定はできるの?土葬だと?

遺骨のDNA鑑定では、骨の内部に残っている骨髄の造血細胞のそのまた中にあるDNA(細胞内の核にあるDNA)を抽出して鑑定します。

 

結論からいうと、火葬された遺骨でのDNA鑑定は実質不可能。

遺体を火葬すると、骨の内部に残ったDNAが熱によって破壊されます。造血細胞やDNAは熱に弱く、造血細胞は500℃以上で完全燃焼、DNAも千数百℃で破壊されてしまいます。日本の火葬では、炉内温度は600℃~800℃、燃焼炎温度は2000℃ということなので、火葬された遺骨のDNA鑑定はできません。

 

土葬されたり、死んだまま放置された遺体では、骨が内部の骨髄を守っているので骨髄やDNAがよい状態で保存されていることが多く、DNA鑑定は可能。水中死体も可能?津波で亡くなった方のDNA鑑定のニュースを見かけるので、可能なのだと思う。

 

同じ燃えるでも、火事で焼けた遺体であればDNA鑑定が可能なこともある。火葬のように、完全に焼けていないので、DNAが残っていることがあるから。

 

骨に残ったDNAにはミトコンドリアDNAもあるが、ミトコンドリアDNAでは個人を特定することはできない。別人であることを判定することは可能。

 

たとえば、相続や戸籍に問題が生じて、死んだじいさんのDNAを鑑定したいといっても、火葬した後ではときすでに遅しということですね。たとえば、相続の段階で「僕はじいさんの隠し子だ」という人がでてきたとき。まあ、このときはじいさんの血縁者と隠し子のDNAを調べるという手もあります。異母兄弟の場合は、「90%程度の確率で異母兄弟である」という鑑定になります。


【DNA鑑定】海外私的DNA親子鑑定キット(父・子1人用)