実が落ちる前に

自作小説を公開するブログです。暇なとき、読んでいただけたらうれしいです。小説は作品ごとにカテゴリー分けしています。日記や雑文はその他カテゴリーです。

「時限病棟」の感想☆あの「仮面病棟」を凌ぐ面白さ!?ネタバレトリックのメモあり。

最近、忙しいせいか、疲れているせいか、イライラしていることが多い。眉間にしわを寄せてこんな顔になっています (-"-)なので、感想もちょっと、いや、だいぶイラついているかも。ご了承ください。

 

 


時限病棟 (実業之日本社文庫)

謎の死の真相を摑み廃病院から脱出せよ‼

目覚めると、彼女は病院のベッドで点滴を受けていた。なぜこんな場所にいるのか? 監禁された男女5人が脱出を試みるも……。ピエロからのミッション、手術室の男、ふたつの死の謎、事件に迫る刑事。タイムリミットは6時間。大ヒット作『仮面病棟』を超えるスリルとサスペンス。圧倒的なスピード感。衝撃の結末とは——。医療ミステリーの超傑作、文庫書き下ろし!

 

感想

スリル、スピード感……まあ、タイムリミットがあるからドキドキはしたかな。でも、登場人物たちがいちいちヒステリーを起こすわ、話の腰を折るわ、医師のくせにすぐに発狂する男もいるし、なんだか「うるさいなあ」と思ってしまいました。ドキドキ、というより、イライラ?私、ガチャガチャうるさいの苦手なので(´・ω・`)

トーリーというか、トリック?小説のアイデアは、岡嶋二人の小説に似たのがあった気が……閉じ込められて、犯人探しする・過去の事件の真相を明らかにするという話。あちらは「明らかにしなきゃ出してもらえない」という話でしたが、この小説には時間制限があるので、その点でスリルとかスピード感がありました(あっちはあっちで別のスリルがありましたが)。しかも、リアル脱出ゲームのなぞなぞまで解かなきゃいけないし、ね。ついに過去の事件が明らかになるのか!?と思うと、なぞなぞ……、今度こそは!?と思うとまたピエロ……

きっと、リアル脱出ゲームのなぞなぞって実際に自分が体験するんだったらおもしろいと思うんですよね。でも、小説の中でやられても……なぞなぞ自体は小学生レベルで解く楽しみはないし、なぞなぞの度に、登場人物たちが「ぎゃーぎゃー」ひと騒ぎしなきゃいけないし……面倒くさいなあ、もう"(-""-)"

 

犯人は……犯人さん達は最後のなぞなぞだけ解けなかったのね。他はきちんと解いて、セッティングしたのに。最後のなぞなぞだけ、そんなに難しかったかなあ(´・ω・`)他とどっこいどっこいだぞ。

 

過去の真相は、あれ(映画監督殺人疑惑)と見せかけて実はこっちが正解というやつ。前作関連のことです。

 犯人の正体はびっくりしました。医師の作者さんだからこそのトリックでした。医学の知識がないので、あの状態でどの程度動けるのか、とか、麻酔の種類で意識があるとかないとか、分かりませんでした。知っておくと便利そう( ..)φメモメモ

 

 トリックのメモ

クローズドサークル

犯人は二人

あえて人目のつくところに隠す隠す


仮面病棟 (実業之日本社文庫)

 


そして扉が閉ざされた (講談社文庫)