実が落ちる前に

自作小説を公開するブログです。暇なとき、読んでいただけたらうれしいです。小説は作品ごとにカテゴリー分けしています。日記や雑文はその他カテゴリーです。

スプレー缶が爆発(゚д゚)!カセットコンロ、夏の車内は要注意!!

LPガス液化石油ガス)などの可燃性ガスを含むスプレー缶(エアゾール缶)には爆発の危険があります。LPGのスプレー缶には、

・ヘアスプレー(ケープなど)

・制汗スプレー

・殺虫剤

・虫よけスプレー

・日焼け止めスプレー

・冷却スプレー

また、カセットコンロ用ボンベも爆発の危険あり。

爆発の原因は、スプレー缶やボンベに温度や衝撃などの刺激を与えること。また、噴射されたLPG(可燃性ガス)への引火。

スプレー缶爆発の主な原因

・高温下にスプレー缶やボンベを保管、放置

スプレー缶は48℃で膨張、爆発の危険がある。「温度が40℃以上となる所に置かないこと」という注意書きがあるスプレー缶は高温下に放置しないこと。

・カセットコンロの不適切な使用

カセットコンロの上にバーベキュー用の鉄板や網を置く、カセットコンロを二つ並べて使うなどで、ボンベが熱せられ爆発。

・穴あけやガス抜き時に爆発

・火気付近で使用したり、密室や通気性の低い場所でスプレーを噴射した後に火気を使うことで噴射されたLPGに引火。使用済みのスプレー缶を廃棄するときの穴あけや残存ガスの出しきりは屋外・火気のない・通気性の高い場所で行うこと。最近では、穴あけ不要の自治体もあるので、一度ゴミ捨てのルールを確認してみてください。

youtu.be

 

スプレー缶爆発の事故例

①風呂場内でガス抜き、スプレー缶の可燃性ガスに風呂釜の火が引火。風呂桶やカーテンが燃える。男性の両腕やけど。

②車内に置いてあったヘアスプレーが爆発。フロントガラスが割れる。事故時の気温は32℃、車内の温度は30分で60℃に達したとみられる。

③車内で制汗スプレーを使用後、煙草に火をつけたところ爆発。顔や腕に火傷。密閉された空間でスプレーを噴射したため、スプレーから噴射された可燃性ガスに引火した。

 

夏は、特に車の中にスプレー缶を放置したり、車内などの密閉空間でスプレー後に火気を使用することによる爆発事故に注意する必要がある。LPGに引火するのは火気だけでなく静電気でも引火します。

参考:35℃の炎天下に駐車した車内の温度は70℃以上になることも!サンシェードや窓をあけるなどの対策をしていても、車内温度は50℃前後まで上昇する。30分の駐車でスプレー缶の膨張・爆発の危険温度(40℃以上)に達するので、車内にスプレー缶を放置してはだめです。

夏のドライブや旅行でヘアスプレーや制汗スプレーを携帯したいときには、LPGなどの可燃性ガスが入っていないものが安全です。ドライブ中にトランクがボカンとなったり、お昼ご飯を食べて車に帰ってみたら車内が爆発していたなんてなったら悲惨です(´;ω;`)ウゥゥ

可燃性ガスの入っていないヘアスプレー


ケープ キープウォーター ナチュラル(100mL)【kao1610T】【ヘアスプレーケープ】

 

 可燃性ガスの入ったヘアスプレーはドライヤーやヘアアイロンで引火することもあるので、ドライヤーやヘアアイロンをかけながらスプレーしてはだめです。

 

ということで今回は、スプレー缶の爆発の原因などについて調べてみました。炎天下の車内など高温下にスプレー缶をおくと、火気がなくてもスプレー缶が爆発することがあるので注意する必要がありますね。塗り直しが簡単だったり片手で使えたり、ひんやり感が気持ちよくてつい、日焼け止めスプレーや制汗スプレーを愛用してしまいますが、夏のお出かけや旅行には、スプレータイプではなく、普通の日焼け止めクリームや制汗剤を携帯した方が安全そうです。あっ、飛行機にはスプレー缶(容量制限あり、機内持ち込み・荷物預けどちらも可)の持ち込みは可能です。爆発はしないので安心してください。

JAL - ヘアスプレーや虫除けスプレーなどの持ち込みはできますか。