実が落ちる前に

自作小説を公開するブログです。暇なとき、読んでいただけたらうれしいです。小説は作品ごとにカテゴリー分けしています。日記や雑文はその他カテゴリーです。

失踪宣告で死亡保険金は受け取れる?メモ書き

失踪宣告には2種類ある。

・普通失踪

蒸発、家出、行方不明、誘拐、神隠しなど

失踪してから(最後の音信から)7年経過で失踪宣告

失踪してから7年経過というのは、最後の音信から7年経過した後

出金記録や携帯電話の着信記録、置手紙などで最後の音信の日付を確認することができる

捜索願を出した場合は、その日から7年経過(捜索願を出した時点で1ヶ月前から行方不明、そしてそのことが捜索願に記載されている場合は捜索願の1ヶ月前からカウント開始)

・特別失踪(危難失踪)

乗っていた船が沈没した、雪崩に巻き込まれた、戦争が終わったのに戦地から帰ってこないなどで行方不明の場合

生死不明のまま1年経過で失踪宣告

注)災害や震災の場合は認定死亡のことも。

 

失踪宣告の申し立ては家庭裁判所で。

審判が確定すれば、死亡とみなされる。

 

被保険者の失踪宣告が確定した場合、死亡保険金を受け取ることができる。

 

死亡保険金を受け取るためには、失踪宣告が確定するまでは保険料を支払わなければいけない。特別失踪では1年間、普通失踪では7年間、保険料を支払うことになる。

もし、契約者(被保険者)が行方不明のまま、保険を解約したいときには、家庭裁判所に財産管理人と財産管理人の権限外行為の許可の申し立て、許可されたら保険を解約することができる。すぐに借金を返済したい、7年も待っていられないというときにはこっちの方法。

 

保険金請求には時効あり。保険金の受取事由ができてから3年以内に請求しなければ、請求できなくなる。被保険者が行方不明の場合は、失踪宣告をうけた日から3年以内に請求すること。

 

保険金を受け取った後で被保険者の生存が確認された場合、失踪宣告は取り消し、残っている保険金は保険会社に返還する。

 

なるほど。何らかの事情で失踪する、もう帰らないから俺は死んだものとして考えてくれというときには、「何年何月何日に家出します」という手紙を置いた方がよいということか。

 

ちなみに、保険会社は失踪宣告による保険金請求では失踪詐欺を疑って調査するそうです。住宅ローンを払えなくなったお父さんや倒産しそうな会社の社長さんが行方不明になったときには、大体失踪詐欺とのこと。このときは、配偶者や愛人の共犯(行方不明者の生活のサポート、生活費を渡したりなど)を疑って調査するそうです。死ななくても死亡保険金がとれるなんてラッキーと思いましたが、実際に受け取るのは難しそうですね。

でも、「死んだもの」と諦めていたけど、保険会社の調査で見つかるということもあるということですよね。

警察は捜してくれないのだから、保険金を請求して保険会社に捜してもらうというのもありかもね。自分で探偵会社や調査会社に依頼するのはお金がかかるもの。でも、保険会社もそこまでは調べてくれないかな(´・ω・`)

 

参考

警察庁の統計によると

2013年度中に行方不明者届(旧捜索願)が受理された不明者8万3948人

2012年度8万1111人

2011年度8万655人