実が落ちる前に

自作小説を公開するブログです。暇なとき、読んでいただけたらうれしいです。小説は作品ごとにカテゴリー分けしています。日記や雑文はその他カテゴリーです。

歯医者に行ってきました(`・ω・´)ゞ虫歯なし!一応……ですが

先月?先々月??から、「そろそろ歯医者に行かなきゃなあ」と思いつつ、予約の電話が苦手なので、先のばし先のばし(嫌なことは先のばしにするタイプです)にしてきたのですが、先週の土曜日、やっと予約の電話をしました。はあ、ここまでが長かった。電話をした時点で、用事の大半をやり終えたような達成感を覚えていました(;´∀`)まだ行ってもいないのに。

 

そして、今日、歯医者さんに!特に痛い歯はなかったのですが、歯医者さんで診てもらうのはやっぱり緊張しますね(^^;)結果は「虫歯なし」、よかったぁ、一安心です。

ところが、ここで歯医者さんから不意打ちの一言「虫歯になりそうな歯はあるけどね」えぇっ(゚д゚)!虫歯になりそうな歯……何やねん、それ。なんでも、昔治療した箇所が少し変色しているとのこと。その場で半年後の検診の予約をしました。次回、虫歯になってなきゃいいけどなあ……(´・ω・`)安心したのもつかの間、新たな不安を抱える結果になってしまいました。まあ、でも、考えようによっては、虫歯になってから歯医者にかかるよりは、なる前に見つかってよかったですよね。何事も予防が大切です。

 

今回は歯石もきれいにしてもらいました。前歯の裏を舌で触るとつるつるして気持ちいい(´艸`*)すっきりです。

私が通っている歯医者さんに母も通っているのですが、歯医者さんに行く度に「歯茎がお母さんとそっくり」と言われます。歯茎がそっくり……親子ってそんなところも似るんですね(笑)あと、歯石がつきやすいのも親譲りのようです。そんなところまで似なくてもいいのに(-"-)

私は歯石がつきやすいタイプらしいので、半年後の健診まで今のきれいな歯を保つために、これまで以上に歯磨きを丁寧にしたいと思います。虫歯予備軍もいるしね。


【企画品】クリニカ アドバンテージ ハミガキ クールミント 10%増量(143g)【クリニカ】

 歯といえば、私は三十路なのですが、今まで親知らずが一本も生えていない……妹は生えたのに、なぜ(。´・ω・)?子供のときから、体の成長は遅い方だったのですが、三十路で一本も生えていないのは遅すぎ?それとも、もう生えないのかな?

以前、レントゲンを撮ってもらったとき、「左側は上下ともにないけれど、右側の親知らずは歯茎から出ていないだけでちゃんとある」と言われました。「ある」のだから、やっぱりこれから生えてくるのかな。「下の親知らずは横向き」とも言われたので、びくびくしながら生えてくるのを待っています。このまま生えてこなければいいのに(´・ω・`)でも、一度くらいは「親知らずを抜いた。めちゃくちゃ痛かった!という経験をして、ドヤ顔で語ってみたいなあなんて思っています(妹から歯を抜いたエピソードを聞いたとき、「抜かされた、先をこされた」とちょっと悔しかったので笑)。

ついでに親知らずについて調べてみたところ、

・親知らずとは32本ある永久歯のうちの4本、永久歯の一番奥歯

・親知らずの名前の由来は、「親が知らない間に生えるから」。他の永久歯は10に生え変わるのに対して、親知らずは10代後半~20代前半(親の手が離れてから)生える

・現在、4人に1人は親知らずが全く生えないといわれている

・ただし、親知らずが生えないの中には、「最初から親知らずがない」と「親知らずはあるけれど歯茎から出ていない」の2通りがある。

親知らずが生えない原因には、「顎が細い」「かたい食べ物を食べない」「生まれつき(遺伝?)」などがあるそうです。

 

ということで、次回の歯医者は半年後の12月!もう予約したので、次回は電話の前でドキドキする必要はありません。次回の健診にはスムーズに行けそうです(`・ω・´)ゞ

歯医者という一大ミッションをクリアした私の次のミッション、というか懸念事項は美容院です。これも前回行ったのは1月だから……あれ、もう半年前じゃん(゚д゚)!どうりで髪がうっとうしいはずだ。いい加減、行かなきゃなあ……懸念事項を一つ解決したと思ったらまた次の懸念事項、人生って悩みが尽きないです。悩みが全くない日というのもあってもいいのに……まあ、歯医者や美容院を悩みの数に入れる私のメンタルが問題なんですけどね(;´∀`)