実が落ちる前に

自作小説を公開するブログです。暇なとき、読んでいただけたらうれしいです。小説は作品ごとにカテゴリー分けしています。日記や雑文はその他カテゴリーです。

貫井徳郎『後悔と真実の色』感想、トリックのメモ(ネタバレあり)

 
後悔と真実の色

 “悪”を秘めた女は駆除する——。若い女性を殺し、人差し指を切り取る「指蒐集家」が社会を震撼させていた。捜査一課のエース西條輝司は、捜査に没頭するあまり一線を越え、窮地に立たされる。これは罠なのか? 男たちの嫉妬と裏切りが、殺人鬼を駆り立てる。挑発する犯人と刑事の執念。熾烈な攻防は驚愕の結末へ。第23回山本周五郎賞受賞作。

 

感想(ネタバレあり)

西條さんが窮地に立たされたのは、「捜査に没頭するあまり一線を越え」たからではないような(。´・ω・)?まあ、いいや。

とにかく長かった……文庫本で700ページ近く?「長い( ゚Д゚)」とびっくりするようなページ数ではないけれど、読みながら「長いなあ」と感じる小説でした。

犯人は、かなり早い段階で分かります。これも「長い」と感じる理由かもしれません。

トリックや事件自体は特におもしろいところはなし。事件よりも、刑事たちの人間ドラマに割かれているページが多かった印象。ただ、登場人物におもしろみや魅力のある人がいないから、人間性や人間ドラマを語られても特におもしろくはなかった。主人公の西條さんからして、おもしろくないんだもの(´・ω・`)

最後は、バタバタした終わり方。ここまで、事件とは関係のないエピソード(子供がインフルエンザで大変だ、とか。養育費を取りに来た元妻にうんざりだ、とか。冬の路上生活は辛いなあ、とか)はとても丁寧に書いてきたのに、どうして最後はこんな雑な締め方なのか。犯人の動機や心情を語る部分なんて、嫉妬刑事に割いたページの半分もない。まあ、犯人が滔々と動機や心情を語るのも興ざめだけど、さ。

 

指蒐集にもさして意味はなかったみたいです(私の読み飛ばしがなければ)。私はてっきり、最初の事件で、犯人が見つけたときは女性はまだ瀕死だけど息はあった。犯人はその女性にとどめをさした。このとき、女性の反撃にあって、女性に引っかかれるか殴られるかした。女性の指や爪に自分の血液や皮膚がついたために、指を持ち帰った、のだと思っていたのですが、この推理は間違いでした。じゃあ、発見直後、犯人が貧血を起こしたというのは、作者の罠?ミスリードだったわけか。まんまと引っかかっちゃった……(´・ω・`)鼻血でも出したのかと思っていたよ。

 

トリックのメモ

不連続殺人 便乗 指でつなぐ

 

西條シリーズには続編があるみたいです。西條さん、ちゃんと生活再建できたかなあ。西條さんのその後が気になるので、今度読んでみるつもりです。


宿命と真実の炎 (幻冬舎単行本)