実が落ちる前に

自作小説を公開するブログです。暇なとき、読んでいただけたらうれしいです。小説は作品ごとにカテゴリー分けしています。日記や雑文はその他カテゴリーです。

北村薫「盤上の敵」の感想とトリックメモ(ネタバレあり)


盤上の敵 (講談社文庫)

我が家に猟銃を持った殺人犯が立てこもり、妻・友貴子が人質にされた。警察とワイドショーのカメラに包囲され、「公然の密室」と化したマイホーム! 末永純一は妻を無事に救出するため、警察を出し抜き犯人と交渉を始める。はたして純一は犯人に王手をかけることができるのか? 誰もが驚く北村マジック!!

 

感想(ネタバレあり、未読の方は見ないでください)

本屋さんで選んだときに想像していた話と全く違いました(^^;)犯人との息詰まる交渉とか、あっと驚かす方法で警察を出し抜くとか、そういうのを期待して読み始めたのですが、内容の半分は立てこもりの話ではなかった。

友貴子パートや主人公の回想パート(友貴子と出会った頃の話)は、「あっ、そう」くらいにしか思わず、「この話、いつまで続くんだろう」と前置きの長すぎる校長先生の話を聞いているような気分でした。特に、兵頭さんが出てくるまでの友貴子の話は長かった……。

読み終わった後、ネットでほかの方の感想を読みながら初めて「あっ、嫌ミスだとか前書きにあった『読んで傷ついた』という感想は友貴子のことだったのか」と気付きました(´・ω・`)それまで、ほかの読者さんはどこに傷ついたのか分からず……私の読解力が低いのか、友貴子の気持ちになって考えるという共感性や感受性が低いのか。そういえば、昔受けたテストの結果で共感性が平均よりもずっと低かったなあ。

 

トリックの方は、なんと言えばいいのか……警察を出し抜く方法はかなり力技。過去の話とか全部抜いてこの部分だけの話だったら、たぶん評価は低いと思う。

エピローグは友貴子よりも主人公の旦那の方を書いてほしかったな。どんな顔してかえってくるんだ?警察になんと説明してどう収拾をつけるのか、そっちの方が気になる。っていうか、旦那は友貴子の尻拭いで大変な目にあっているというのに、友貴子、何わけわからんことを言っているんだ?

 

ここからは余談。

 

共感性が低いからというわけではないけれど、本を読んだり人の気持ちを考えるときは、「私だったらどうする?」と想像することが多いです。

私が主人公だったら、このやり方はとらないかなあ。死体を隠そうともしない。立てこもり犯に人殺しになってもらう方がいい。死体の始末は大変だし、それをすれば死体の死に自分や妻が関与していることがばれてしまうもの。兵頭さんにだって、行き先を告げる相手や帰りを待っている人がいるかもしれないしね。

立てこもり犯に人殺しになってもらうためには、立てこもり犯に死んでもらわなきゃ。警察に捕まってもらっちゃ困るから。立てこもり犯が死んでくれさえすれば、家の中で兵頭さんの死体が見つかっても立てこもり犯が殺したことにすればいいし、主人公は「そういえば、今日は妻の幼馴染がくるとか言っていたっけなあ」とかなんとか、とぼければいいものね。で、友貴子は幼馴染に留守番を頼んで買い物に行っていたことにすればいいじゃない。

問題は、立てこもり犯を「弱みを握られたから逃亡を手伝うよ」と油断させながら、警察には立てこもり犯を殺してもらうための働きかけをどうするか。もしくは、うっかり立てこもり犯に死んでもらうやり方、電話で立てこもり犯を死に誘導するやり方。うーん、難しい問題だな。今晩からゆっくり考えてみようっと。友貴子の毒が家の中に置いたままだったら、立てこもり犯を誘導して毒を飲ますことができそうだけど。書き方次第ですね。

 

トリックのメモ

・人質、人違い

・しかも死んでいる

・奥さんを助ける→奥さんを立てこもり犯から救うではないという引っ掛け

 

「殺人症候群」の響子のときもそうだったけど、今回の友貴子もあまり好きじゃない。私、男性に何とかしてもらおうという女性は嫌いだわ(`´)「白夜行」みたいに腹に一物あって男性を利用している女性は嫌いじゃないんだけどね。汚いから。ナイトに守られたお姫様はムカつきます。

なぜ嫌いなのだろうと考えてみたら……そっか、私自身が男性に守ってもらったり優しくしてもらったことがないからか(´・ω・`)モテないぶすの僻みでした。まだ、若いときなら、ヒロインに自分を重ね合わせて悦に入ったり、自分にも王子様がいるんじゃないかと夢見てしまうこともありますが、この年になるとね(´・ω・`)自分がヒロインじゃないことがわかっている分、僻み根性もひどくなります笑