実が落ちる前に

自作小説を公開するブログです。暇なとき、読んでいただけたらうれしいです。小説は作品ごとにカテゴリー分けしています。日記や雑文はその他カテゴリーです。

早見和真「イノセント・デイズ」の感想(ネタバレあり)


イノセント・デイズ (新潮文庫)

田中幸乃、30歳。元恋人の家に放火して妻と1歳の双子を殺めた罪で、彼女は死刑を宣告された。凶行の背景に何があったのか。産科医、義姉、中学時代の親友、元恋人の友人、刑務官ら彼女の人生に関わった人々の追想から浮かび上がる世論の虚妄、そしてあまりにも哀しい真実。幼なじみの弁護士たちが再審を求めて奔走するが、彼女は……筆舌に尽くせぬ孤独を描き抜いた慟哭の長篇ミステリー。

 感想(ネタバレあり)

ミステリーではないと思う。文庫本についていた帯に「読後、あまりの衝撃で3日ほど寝込みました…」とあるけど、別に衝撃はないと思う。慟哭も別に。

 

系統としては、貫井徳郎さんの「愚行録」とか宮部みゆきさんの「火車」。過去の事件について、真相とともに事件の中心人物が本当はどんな人だったのかを解き明かしていく。

 

「死にたい死にたい」言っていた人が無事死刑で死ぬことができたという話です。なので、切ないとか慟哭とか心が激震だとかいう感想はありませんでした。主人公が「死にたくない、私は無実だ」と訴えていて、周りの人も彼女が無実だと知っているのに自分の保身のために口をつぐんでいたというのなら、死刑執行のときは慟哭しちゃうかもだけど、これは別にそうじゃないからかわいそうでもないし。

 

田中幸乃はイノセントというよりも馬鹿?よくわからない人物設定でした。小説内のエピソードで他人依存になる理由もよくわからないし、整形にこだわる理由もわからない。必要とされていないというよりも、必要とされて利用される女じゃん。「もう誰も信じない、一人で生きていく」という性格になるのならわかるけど。

あと慎一との関係もよくわからなかった。法廷で大きなマスクをした男を慎一と気付く、死刑執行のときに慎一の手紙を握る、それだけの関係をいつ二人が築いたのかがわからなかった。