実が落ちる前に

自作小説を公開するブログです。暇なとき、読んでいただけたらうれしいです。小説は作品ごとにカテゴリー分けしています。日記や雑文はその他カテゴリーです。

薬丸岳「虚夢」の感想(ネタバレあり)


虚夢 (講談社文庫)

通り魔事件によって娘の命は奪われた。だが犯人は「心神喪失」状態であったとされ、罪に問われることはなかった。心に大きな傷を負った男は妻とも別れてしまう。そして事件から4年、元妻から突然、「あの男」を街で見たと告げられる。娘を殺めた男に近づこうとするが……。人の心の脆さと強さに踏み込んだ感動作。

講談社 文庫本裏)

 感想(ネタバレあり)

読み始めてすぐ、「うん?なんだこの既視感(。´・ω・)?」と思ったら、貫井徳郎の「殺人症候群」の最初と似ていたのですね。気付かないうちに、同じ本を二冊買っちゃったのかなと思って、慌てました(*ノωノ)

 

話のテーマは刑法39条の「心神喪失者の行為は、これを罰しない」です。刑法39条の問題点は分かりましたが、小説のストーリー自体はシンプルでした。推理小説ではないかなと思います。読みながら残りページが少なくなってきているのになかなか話が進まなかったから「ちゃんと終わるのかな」と思いましたが、佐和子の手紙以降はスピーディーな展開で読む手が止まらず、一気読みしました。最後はきれいにまとまっていたし、ストレスの少ない終わり方でした。

ただ、私自身は「手紙や手記、犯人の自供でネタばらし」というのはあまり好きではない(黒川博行の「二度のお別れ」とか。「占星術殺人事件」や東野圭吾の「悪意」のようにトリックのための手記は好きですが)ので、佐和子の手紙は「うーん」と思いました。

あと、詐病で刑法39条を利用したいのなら事件を起こす前に病院に行った方がいいんじゃないかなあとも思いました。詐病がバレる恐れがあったから行かなかったということ?でも、事件直前の病状を専門家の診断を受けて「統合失調症」のお墨付きをきちんともらっておいた方が安心だと思うんだけど。入院させられる危険があったから嫌だったのかな?

それに、いくら統合失調症の診断を受けたことがあるとはいえ、佐和子が藤崎に恨みをもっているのは誰の目からみても明らかだし、藤崎を殺す前に夫と離婚をしたり(有罪になったら夫に迷惑をかけるとわかっていた)元夫に藤崎の居所を調べさせて見張りなんかさせていたら、計画性ありすぎて、佐和子が期待するような結果にはならなさそうです。

 

「虚無」の内容や小説内で出てくる刑法39条の問題点については、小説と似たような事件が起きるたびに新聞やワイドショーのコメンテーターが指摘するのと大体同じなので、「そっか、こんな問題があったのか」というほどの驚きや新鮮さもなかった。私自身、ニュースで見るたびに「そりゃあ、被害者は納得できないだろうなあ」と思ってきたことなので。

 

刑法39条、難しい問題ですね。私は考えるのはあまり好きじゃないし、頭もよくないので、難しい問題を考えたり改善するのはえらい方にお任せして(下手の考え休むに似たりと言いますしね)、私自身は当事者にも関係者にもならず他人事のまま一生を終えたいなあ。