実が落ちる前に

自作小説を公開するブログです。暇なとき、読んでいただけたらうれしいです。小説は作品ごとにカテゴリー分けしています。日記や雑文はその他カテゴリーです。

赤井三尋「翳りゆく夏」の感想、ネタバレあり

 


翳りゆく夏 (講談社文庫)

「誘拐犯の娘が新聞社の記者に内定。」週刊誌のスクープ記事をきっかけに、大手新聞社が、20年前の新生児誘拐事件の再調査を開始する。社名を受けた窓際社員の梶は、犯人の周辺、被害者、当時の担当刑事や病院関係者への取材を重ね、ついに〝封印されていた真実〟をつきとめる。第49回江戸川乱歩賞受賞作。

(文庫本裏より)

 

感想(ネタバレあり)

誘拐事件の真相(誘拐と身代金は別口)は面白かったです。

 

犯人が多すぎなのもウケた。誘拐の実行犯が一人、身代金の首謀者が証券マンと看護婦の二人、さらに身代金奪取に九十九とその女。犯人、何人おるん……(´・ω・`)これ、証券マンペア、必要かなあ。九十九さんが首謀者でいいじゃんと思ってしまいました。証券マンは、20年前の真相をつきとめるための生き証人がほしかったのか、「九十九は誘拐の実行犯じゃないし身代金奪取の首謀者でもない。九十九は\\それほど悪くなかったから、娘さんも父親のことでそれほど気にする必要はないよ」ということにしたいだけの登場人物だったような気がしました。梶さんが身代金奪取の真犯人に行きついても、「ああ、そういえばいたな、こういう登場人物」という程度の印象しかない人物だったから、「えっこの人が真犯人!?」という衝撃は全くなかった。九十九さんも、全くの潔白だったというオチかと思いきや、結局誘拐犯の一人だったしなあ。娘さんが入社しにくいのも変わりない。

 

探偵役が梶さんということで、緊迫感がない話になっているような気もしました。20年前の事件ということなので「赤ちゃんの命は?身代金の行方は?」というドキドキやスリルは最初からないし、梶さん、仕事とはいえ、他人事だもんね。九十九の娘さんを探偵にして父親の潔白を証明するだとか、武藤の息子(誘拐された子供)を探偵役にした方が盛り上がりそう。でもそれじゃあ、ありきたりかなあ。視点を誰にするか、探偵を誰にするかって難しい問題だ。

 

エピローグは完全な蛇足だった。いらない、っていうか、書くならそこじゃないと思いました。

 

誘拐のトリックでは、「お金をばらまいて騒ぎを起こしたすきに身代金をうばう」というトリックはよく見かける気がしますが、あれの初出はどの小説だったのか少し気になりました。今度、調べてみようかな。

「翳りゆく夏」は映像化されていたのですね。知らなかった。


連続ドラマW 翳りゆく夏 [DVD]