実が落ちる前に

自作小説を公開するブログです。暇なとき、読んでいただけたらうれしいです。小説は作品ごとにカテゴリー分けしています。日記や雑文はその他カテゴリーです。

森村誠一「天の白骨」の感想(ネタバレあり)牛尾刑事シリーズ

 
◆◆天の白骨 / 森村誠一/著 / 祥伝社

 社内不倫の果てに駆け落ちした人妻の若山なぎさが蒸発した。不倫相手の塩川良一は彼女の夫にやむなく連絡。二人がなぎさを捜し始めた頃、東京の狛江市近郊では、若い独り暮らしの女性を狙った連続レイプ事件が発生し、被害者の女性が行方不明となる事件がおきた。

そして——、なぎさとレイプ魔には意外な関係が……。やがてAV監督に疑惑がむけられた時、レイプ犯の死体が発見された。社会派本格推理の傑作登場‼

(角川文庫文庫本裏)

 

感想(ネタバレあり)

牛尾刑事が登場します。棟居刑事は出てきません。

私の中では「本屋さんのたくさんある推理小説の中からどうしてこれを手に取ったんだ……」シリーズ、2冊目ですね。ちなみに1冊目は森村誠一の「マリッジ」です。

yukonoguchi.hatenablog.com

森村誠一は、読んだ数が多いからかもしれないけど、けっこう微妙な作品を買っている気がする……松本清張も「うん!?これは( ゚Д゚)」という作品と遭遇することがあるけど、森村誠一もけっこうな遭遇率です。その点、内田康夫は安心、浅見さんは紳士です(*´▽`*)

 

内容は、とりたてて言うことはないかな(´ー`)「読んだら分かる、それが全て」という作品です。「社会派本格推理の傑作」というのは言い過ぎ……あくまで私の主観ですが。

「マリッジ」のときも書いたけど、森村誠一にはよい作品がいっぱいあるので、あえてこれを読む必要はないかなと思います。旅の友にはちょうどいいかもしれません。ただ、ブックカバーは必要かな。

それにしても、過激な文章もちらほら……森村さん、見たことがあるのかな、ああいうの。それが一番気になりました(笑)