実が落ちる前に

自作小説を公開するブログです。暇なとき、読んでいただけたらうれしいです。小説は作品ごとにカテゴリー分けしています。日記や雑文はその他カテゴリーです。

石油ストーブで一酸化炭素中毒!?冬の密室には要注意 一酸化炭素中毒のメモ

石油ストーブやガスストーブ、ファンヒーターでは、灯油やガスを燃やして室内の空気を暖める。このとき、室内の酸素が少ない(酸素の供給が少ない)と不完全燃焼を起こし、一酸化炭素が発生、室内の一酸化炭素濃度が高くなる。一酸化炭素中毒を起こす。

 

一酸化炭素(CO)の特徴は、

・無色透明

・無臭

・毒性が高い(反応性が高い)

・空気と同じくらいの重さ(比重:空気1に対してCOは0.967)

 

一酸化炭素を吸引すると、体内に入った一酸化炭素は血液中のヘモグロビンとくっつく。一酸化炭素は反応性が高いため、酸素よりもヘモグロビンとくっつきやすい。そして一度くっつくと離れない。ヘモグロビンが使い物にならなくなるため、酸素不足になる。これが一酸化炭素中毒。

一酸化炭素の症状は頭痛やめまい、吐き気、眠気など。換気しない部屋では3~4時間で一酸化炭素の中毒が出ることがある。

 

一酸化炭素濃度と症状の目安

0.02% 一酸化炭素の初期症状

0.08% 45分の吸引で頭痛やめまい、吐き気、痙攣など 2時間で失神

0.16% 20分で頭痛などの症状 2時間で死亡

0.32% 5~10分で頭痛 30分で死亡

1.28% 1~3分で死亡

参照:一酸化炭素中毒について

 

一酸化炭素は無色で無臭のため、室内の濃度が高くなっても気付かない。また、一酸化炭素中毒の初期症状は自覚しにくい。ストーブをたく冬は風邪をひきやすいから、「風邪をひいたかな」と思うくらい。そこで風邪薬でも飲もうものならTHE END。風邪薬による眠気と一酸化炭素中毒でそのまま目を覚まさなくなる……なんてことも。お酒も危険です。石油ストーブをたいた部屋で泥酔するのはだめ。

石油ストーブによる一酸化炭素中毒では、換気をしない限り、室内の一酸化濃度はどんどん高くなる。一酸化炭素中毒の症状もじわじわと重くなるため、自覚しにくく、気付いたときにはもう遅い、動けないということもある。一人でいるときに意識を失ったり眠ってしまうと重症化や死亡事故につながることが多い。

 

石油ストーブを安全に使用するためには、

・1時間に1回は換気すること

・寝るときや外出するときには必ず消火

・炎の色は青、赤やオレンジ色の炎は不完全燃焼のサイン

特に、新しい家やマンションでは気密性が高いため一酸化炭素中毒になりやすい。換気を必ずしてください。

 

石油ストーブやファンヒーター以外にも一酸化炭素中毒に注意しなければいけないものがあります。

・小型発電機

6畳の室内で換気扇を回さない状況で使用した場合、10分で一酸化炭素濃度は0.16~0.2%、1~2時間の吸引で死亡するレベルに達する。

・木炭、練炭

同じ条件で1時間使用すると一酸化炭素濃度は0.08%、2時間の吸引で失神、最悪死亡するレベルに達する。

参照:東京都生活文化局(東京くらしWEB)一酸化炭素中毒について

 

関連記事

yukonoguchi.hatenablog.com

以上が石油ストーブの不完全燃焼による一酸化炭素中毒の危険性についてでした。