実が落ちる前に

自作小説を公開するブログです。暇なとき、読んでいただけたらうれしいです。小説は作品ごとにカテゴリー分けしています。日記や雑文はその他カテゴリーです。

米澤穂信「インシテミル」の感想(ネタバレあり)


インシテミル (文春文庫)
 

 「ある人文科学的実験の被験者」になるだけで時給十一万二千円がもらえるという破格の仕事に応募した十二人の男女。とある施設に閉じ込められた彼らは、実験の内容を知り驚愕する。それはより多くの報酬を巡って参加者同士が殺し合う犯人当てゲームだった——。いま注目の俊英が放つ新感覚ミステリー登場。

(文春文庫文庫本裏)

 

・僕らの時代のミステリーが現れた。

・新世代ミステリの旗手がおくる究極の殺人ゲーム

・50万部突破!

・大ヒット映画原作 出演藤原竜也/綾瀬はるか ほか

このミステリーがすごい!2010年版宝島社 作家別得票第1位

・今最も注目を集める俊英の代表作

(文庫本帯)

 

感想(ネタバレあり)

設定はとてもおもしろかった。舞台(暗鬼館)に凶器、さらにルールブックがでてきた時点でワクワクウキウキ、どんな話が始まるのだろうととても楽しみでした。

読後の感想は、期待外れでした。ただ、これはこちらの期待が高かった(高すぎた)から、仕方ないかなと思います。

 

設定は特殊ですが、起こることはミステリーでよくあるやつ(クローズドサークル)、閉ざされた館のなかで次々殺されるというやつです。この作品では、主催者が参加者に殺人をさせます。殺したり、殺人犯を暴いたらお金をもらえます。

 

いまいちだったのは、殺し方。この部分にはトリックというほどのトリックがない。アリバイや密室トリックはなく、凶器の持ち主は誰かという点だけなので、推理のし甲斐はないかな。もちろん、持ち主は色々こねくり回されて分かりにくくはなっているけど。

凶器以外で人を殺せるものがない舞台ということは、凶器さえ取り上げたら殺人は起きないということ。最初の殺人が起きた段階(もしくは主催者からルールを説明された段階、このときには「殺さなくても大金が手に入るルールで人を殺すのは馬鹿だ」という話でまとまっていたのだから)で各自の凶器を集めて金庫に入れておこうという提案がなかったのは不思議でした。

 

参加者同士につながりがあるという設定は「?」でした。主催者側がなぜそんな人選をしたのかは最後まで明かされなかったと思います。知らない者同士の方が、不信感とか「金のためなら他人の命なんか」で殺しちゃったりして、おもしろそうなのに。実は、主催者は参加者全員に恨みをもっている・これは「そして誰もいなくなった」と同じ皆殺しを目的にした復讐?とも思いましたが、違いました。

 

主人公が監獄に入った後は、緊張感がなくなっておもしろくなかった。あの中にいるだけで命の危険もなく大金を手にできるんだから、私だったら一番に入りたいかも(笑)

 

最初の被害者と犯人以外、「何がなんでもお金が必要」という事情がないのもいまいちだったかも。車だとか、結婚資金だとか。たしかにそれじゃあお金のために人を殺さないわなあ、7日間なにもせずに過ごしてお金をもらった方がいいよなあと思いました。主催者はなんでこんな人選をしたのか不思議でした。「金のためなら何でもする」という12人を集めた方が絶対おもしろい実験になったのに。ライアーゲームみたいにさ。

 

凶器の中ではロープが一番の外れだったかな。自分の凶器がロープだったら泣くわ(´・ω・`)。「バトルロワイヤル」でたしか、武器がフォークという子がいたけど、あれと同じくらいがっかりしそうです。でも、毒も困るかな。あの状況で、他人にそれとなく毒を飲ませるのは難しそう。あの状況で、他の人がいれたコーヒーなんか絶対口つけないものね。

 

このルールだったら、夜の見回りよりも全員がガードに2回警告をもらっていた方が自室で安心して眠れそうです。

 

帯にも書いてありましたが、この小説は映画化されています。私は見ていません。でも、見ていなくても藤原竜也の演技は大体想像がつきますね(笑)


インシテミル 7日間のデス・ゲーム [DVD]