実が落ちる前に

自作小説を公開するブログです。暇なとき、読んでいただけたらうれしいです。小説は作品ごとにカテゴリー分けしています。日記や雑文はその他カテゴリーです。

乃南アサ「窓」の感想(ネタバレあり)、「鍵」続編


新装版 窓 (講談社文庫)
 

 私は、どこへ行けばいいんだろう。高校三年生の麻里子は、進学や友人関係など変わりゆく周囲にとまどう。そんな彼女のまわりで起きた毒入りジュース事件。事件に関わる少年が自分と同じ聴覚障害を持つと知り麻里子は……。思春期の少女の微妙な心模様と家族の愛情を描いた、『鍵』に続く傑作青春ミステリー。

講談社文庫文庫本(旧)裏)

 

感想(ネタバレあり)

ミステリーとしては、前作「鍵」の方が上かな。今回はミステリーの部分は弱いです。

青春小説としては、出来がいいのかどうかはよくわかりません。私はその手の小説の良しあしがよくわからないので。

 

お兄ちゃんが被害者!?という書き方もありましたが、引っかからない読者にとっては、作者の「誤解させよう」という魂胆が見え見えで、読めば読むほど白けます。

今回は探偵役もいなかったし、麻里子は事件には直接かかわっていないし(最後、スポーツクラブや学校前で出会った彼が犯人だったという種明かしはありましたが)、事件の解決も麻里子らの手柄ではありません。その点では前作の方ががっつり事件と関わっていた分、ミステリーらしさはあったと思います。

犯人側のシーンは、倒叙といえばそうなのかな。とはいっても、殺し方に工夫があるわけではないので、倒叙的なおもしろさはありません。

この小説は推理小説・ミステリー小説と思って読むと、あまりおもしろくないかも。麻里子の青春や聴覚障がい者の悩み、家族の愛情をテーマにした小説だと思って読めばおもしろいと思います。

タイトルの「窓」は、事件自体には全く関係ありません。前作は「鍵」が事件を解くキーポイントになっていましたが。その点でも、今回の作品はミステリー色が薄いと思います。

新装版の表紙、かわいいですね。私が持っている古い文庫本はあまりかわいくありません。

「鍵」の感想はこちらに書きましたので、よかったら覗いてみてください。

yukonoguchi.hatenablog.com