実が落ちる前に

自作小説を公開するブログです。暇なとき、読んでいただけたらうれしいです。小説は作品ごとにカテゴリー分けしています。日記や雑文はその他カテゴリーです。

永井するみ「希望」の感想(ネタバレあり)


希望 (文春文庫)
 

3人の老婦人が立てつづけに惨殺される事件が発生、犯人は14歳の少年だった。5年後、少年院を退院した彼が何者かに襲われる。殺人犯の息子を恐れる母、その母親を担当する女性カウンセラー、事件に関わりつづける刑事と雑誌記者、そして少年と同世代の被害者の孫たち……事件周辺の人々の心の闇が生んだ慟哭のミステリー。

(文春文庫文庫本裏)

 

感想(ネタバレあり)

うーん……よくわからない話でした。テーマも、誰が主人公なのかも、それに犯人の言い分(動機)も。

元少年については「かっこいい」「美青年」「アイドルみたい」っていうだけで、それ以上の掘り下げはないし、女性カウンセラーも美人で賢くて、クールで、魅力的で、というキャラクターにしたいのだろうなあということは分かるけど……。

文庫本裏の内容紹介はとてもおもしろそうだったから期待して読んだけど、期待外れでした。