実が落ちる前に

自作小説を公開するブログです。暇なとき、読んでいただけたらうれしいです。小説は作品ごとにカテゴリー分けしています。日記や雑文はその他カテゴリーです。

有栖川有栖の「乱鴉の島」の感想とトリックのメモ(ネタバレあり)火村英生シリーズ


乱鴉の島 (新潮文庫)
 

犯罪心理学者の火村英生は、友人の有栖川有栖と旅に出て、手違いで目的地と違う島に送られる。人気もなく、無数の鴉が舞い飛ぶ暗鬱なその島に隠棲する、高名な老詩人。彼の別荘に集まりくる謎めいた人々。島を覆う死の気配。不可思議な連続殺人。孤島という異界に潜む恐るべき「魔」に、火村の精緻なロジックとアクロバティックな推理が迫る。本格ミステリの醍醐味溢れる力作長編。

 (新潮文庫文庫本裏)

 

感想とトリックのメモ(ネタバレあり)

老詩人とクローン医者をはじめとした老詩人を慕う招待客たち。彼らは皆曰くありげだし、老詩人の妻は若くして亡くなっているし。呼ばれもしないのに推理作家と犯罪心理学者が島を訪れ、カリスマ経営者は空から降りてくる、しかも場所は鴉の棲む孤島。登場人物もロケーションも何もかも、アイテムは完璧に揃っているのに、それらが事件やその解決にほとんど関係ない!何なんだよ( ゚Д゚)思わず笑っちゃいました。 

作中で火村さんも言っているけど、事件自体はありふれたもの。犯人の動機は恋人がらみの怨恨だし、木崎の旦那のしたことは……まあ気持ちは分かる(笑)というか、私がこれまで読んできた推理小説の中で木崎の旦那が一番共感できるかも(;´∀`)そりゃあ、そんな状況になったらそうするわ、私だってそうする。生まれて初めて、月曜日の朝が待ち遠しくなると思う。 でも、鴉の棲む孤島でその動機はあまり似合わないかな。真犯人(殺人犯)にしても、木崎の旦那が遺体を動かした動機にしても、あえてそんな動機にしなくても、と思いました。せっかく道具立てはできているのに、それをことごとく無視して、ありふれた事件・動機にしたのが不思議でした。

二人の子供にしてもさ、現実ではクローンはまだ無理なんだろうけど、小説の中の話なんだし、クローン人間にしちゃえばいいのに。謎が明かされたときの拍子抜け感が半端なかった。クローンでもない、将来の子供をくっつける練習をしていただけなんだもん。二人がクローン人間で、というのなら必死に隠さなきゃいけないだろうけど、クローンじゃないじゃん。そんなことを必死こいて隠していたの?それくらいのこと、さっさと打ち明けてよ、面倒くさい奴等だなと思ってしまいました。

火村英生シリーズは好きだけど、この作品はいまいちでした。孤島ものというと、どうしてもこちらのハードルが上がってしまいます。

あと、真犯人がハッシーを殺した方法だけど、あのハッシーが命綱があるとはいえ自分を危険にさらしてまで人助けなんてするかなあ。自分には何のメリットもない人助けはしない気がするし、擦り傷一つのリスクでも人助けなんてしないと思う。殺人方法としてはありだけど、ハッシーを殺す方法としては、違和感がありました。

 

ハッシーが死んだ!株が暴落するぞ、ハッシーの死が外部に漏れる前に株を買い替えなきゃ!って、今日は土曜日じゃん、くそ。ああ、そうだ。ハッシーの死が月曜日まで外部に漏れなきゃいいんだ。そのためには……→電話線を切って外部との連絡手段をなくす、ハッシーの遺体を見えない場所に移動させる。