実が落ちる前に

自作小説を公開するブログです。暇なとき、読んでいただけたらうれしいです。小説は作品ごとにカテゴリー分けしています。日記や雑文はその他カテゴリーです。

昨日、尾崎豊が意外と若くてびっくりした話

昨日、このブログを書いているときにびっくりしたこと。

 

尾崎豊って思っていたよりも若い(゚д゚)!

 

「若い」という言い方も変ですが、でももう少し昔の人だと思っていました。調べてみると、尾崎豊は1965年生まれ、エレファントカシマシ宮本浩次THE YELLOW MONKEY吉井和哉が1966年生まれ、1年しか違わないのです。尾崎豊って80年代のイメージ、エレカシイエモンよりも1世代前(いや、尾崎豊エレカシイエモンの間にブルーハーツが入っているから2世代前か。私の中でブルーハーツエレカシイエモンは別のグループなので)というイメージがあったから、この年齢差は意外でした。

さらに、元THE BLUE HEARTS甲本ヒロト真島昌利よりも尾崎豊は年下!尾崎豊の後、若者の代弁者になったのがブルーハーツだったと認識していたので、これにもびっくりしました。

 

尾崎豊

1965年11月29日生まれ

1983年12月1日メジャーデビュー

1992年4月25日他界

 

甲本ヒロト

1963年3月17日生まれ

1987年THE BLUE HEARTS メジャーデビュー

 

真島昌利

1962年2月20日生まれ

 

吉井和哉

1966年10月8日生まれ

1992年THE YELLOW MONKEY メジャーデビュー

 

宮本浩次

1966年6月12日生まれ

1988年エレファントカシマシ メジャーデビュー

 

草野マサムネ

1967年12月21日生まれ

1991年スピッツ メジャーデビュー

 

桜井和寿

1970年3月8日生まれ

1992年Mr.Children メジャーデビュー

 

こうして並べてみると、尾崎豊はデビューが飛びぬけて早い、高校生でデビューしたのですね。だから、年齢の近いアーティストと比べても1世代前に活躍していたことになるのか。尾崎豊は伝説になったのに、尾崎豊と1つしか違わない宮本浩次吉井和哉はもちろん、年上の甲本ヒロトマーシーも今だに現役で活躍している……なんだか不思議な気持ちになった一日でした。

 

尾崎豊、生きていればまだ50代、それなのにスマホはもちろん、Windows95のある時代も知らずに亡くなったんだ